2018年を振り返ってみる

2018年も、あとわずかとなりました。
年初で今年は横ばい相場になるんじゃないかと予想していましたが、下の方で横ばいになるとは思っていなかったですよ。
1月にイキナリ叩き落されてから、持ち直して資産がこれまでの最高額に到達したと思ったら年末に再び叩き落されという展開・・・。しかも、この下落はたぶんまだ終わってないんですよね。横ばいには違いないけど、お金がメッチャ減るとは思っていなかったです。

で、本年の資産推移です。
2018年末の資産状況
今年は年初より9%減となりました。

米国個別株の投資成績はS&P500に対して以下の様になりました。
iDeCoを除いた対S&P500パフォーマンス(2018年末)
今年も勝てなかったですね。こういう時に勝てなかったら、いつ勝てるんだろう?

2018年末時のポートフォリオは以下の様になりました。
現在のポートフォリオ(2018年末)

本年はXOM・IBM・PM・MOの買い増しを行いました。
どの銘柄も買い増しを行った後に、それぞれ原油安・RedHatの買収・新たなタバコ規制という悪材料に見舞われて更に下げるという仕打ちを受ける事になりました。なんて年だよまったく・・・。

来年も引き続き試練が続くと思われますが、投資のチャンスと捉えてバシバシと新規購入や買い増しを進めていこうと思います。

それでは、よいお年を!

コメント

非公開コメント

プロフィール

ice_skater

Show me the money!
一貫して増え続ける配当こそがどんな報告書よりもその企業の価値を雄弁に語っています。

機械化・IT化が進む現代において労働による購買力の獲得は、困難なものになると考えています。
したがって、安定してキャッシュを稼ぎ、配当を支払い続ける企業への投資は必須なものになると確信しています。